コラーゲンペプチドは直接細胞に届き指令を出す!?

コラーゲンペプチドに注目!

 

 

コラーゲンは食べたものから直接体内で運ばれて、

 

肌の真皮のコラーゲンの補充をするわけではありません。

 

 

他のたんぱく質と同様に、腸の酵素によってアミノ酸に分解され、

 

血流によって体中にいきわたります。

 

コラーゲンを合成するのに必要な材量を食料から摂っているにすぎないのです。

 

 

しかし、サプリメントに含まれているのは多くの場合、コラーゲンペプチドという、

 

コラーゲンより小さい分子のものです。

 

ペプチドの中でも、プロリン-ヒドロキシプロリン(P-O)、

 

ヒドロプロキシン-グリシン(O-G)が特に多く吸収されます。

 

P-OとO-Gに含まれる「O」がコラーゲン特有のアミノ酸で、

 

アミノ酸の繋がり方が不規則で分かりにくく、酵素が分解しずらいんです。

 

酵素によって分解されにくく、そのためペプチドという形で

 

体内に吸収されるのです。

 

 

ペプチドは血流に乗って肌に運ばれ、細胞レベルに到達します。

 

コラーゲンペプチドは、直接肌のコラーゲンを組織するわけではなく、

 

細胞に信号を出すのではないか、ということが近年分かってきました。

 

肌で言うと、真皮の中にある線維芽細胞にコラーゲンペプチドが到達して

 

線維芽細胞に何らかの信号を出していると考えられています。

 

この信号によって皮膚の細胞は、コラーゲンやヒアルロン酸を促進するよう

 

命令していると言われています。

 

 

コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促すことによって、ターンオーバーも

 

速やかに進んで、古いコラーゲンがくすみの原因になったり、

 

硬くなってしまったりしなくなります。

 

 

また、紫外線によって傷ついた肌には隠れたシミができます。

 

コラーゲンペプチドを継続的に摂った実験から、隠れたシミの改善

 

確認できたという結果もあります。

 

このことから肌の老化を予防するだけでなく、

 

傷ついたコラーゲンを修復する働きがあると考えられます。

 

 

 

低分子のコラーゲンは体内への吸収が速く、高分子のものは吸収が遅く

 

体内でじっくりと分解されていくと言われています。

 

美容の効果はターンオーバーの周期が一カ月くらいなので、即効性はありません。

 

また、低分子のコラーゲンは一日経てばほとんどなくなってしましますので、

 

毎日継続して摂取していくことが重要ですね。