コラーゲンの機能低下を起こす糖化を防げ!

コラーゲンの機能低下を起こす糖化を防げ!

 

スキンケアをしっかりして、肌にいい栄養たっぷりの

 

食べ物やサプリを摂取してるのに、肌に透明感がない!

 

なんてことありませんか?

 

 

 

 

肌の色が黄ばんでいたり、弾力が失われたり。

 

美白をしているのに肌色が黄色くくすんできたという人は

 

糖化が原因なんじゃないんでしょうか。

 

 

 

 

糖化とは、糖質とたんぱく質が体内で結びついて、

 

たんぱく質が劣化することを言います。

 

 

この劣化したたんぱく質はAGEs(エージーイー)と言う老化物質です。

 

AGEsが身体のあちこちに留まって、機能低下を起こすのです!

 

 

 

 

肌の弾力やハリを支えるコラーゲンも、たんぱく質から

 

できているので糖化をします。

 

 

 

 

糖化してしまったコラーゲンは、代謝されにくく硬いので、

 

ハリや弾力がなくなったり、黄ばんだ肌の原因になります!

 

 

 

 

糖化が起きる原因とは?

 

 

糖質を必要以上に摂りすぎると、糖化のリスクが高まります。

 

老化現象なので、誰にでも起こりうることなんです!

 

 

では、どうやってこの老化物質が増えていくかを見ていきましょう。

 

 

 

体の中でAGEsが合成される

 

 

糖質がたんぱく質と結合することでAGEsができるので

 

高血糖の状態は、糖化を促進させるます。

 

 

 

 

食べ物を食べると血糖値が上がり、食後徐々に下がってきます。

 

 

血糖値が高くなればなるほど、高血糖の状態も長く続き、

 

AGEsが発生する可能性も、高くなるということですね。

 

 

 

外からAGEsを摂り込んでしまう

 

 

食品の中にもAGEsは直接入っていて、食べることによって増やしてしまいます。

 

食べ物を食べないわけにはいきません。

 

 

ですので老化は誰しも起こりますが、予防することによって

 

機能低下のリスクを下げることができるので、

 

過度に神経質になることもありません。

 

 

 

 

AGEsは肉に多く含まれていて、魚は肉ほど多く含まれていません。

 

野菜は含有量が少ないです。

 

 

 

 

AGEsは高温で調理するほど増えるので、肉を油で揚げた

 

唐揚げなどは特に多いです。

 

 

逆に鳥のささ身はお湯で加熱すれば、沸点の100℃以上になることはないので、

 

唐揚げよりもAGEsの発生は少なくて済みます。

 

 

このようにして、食材と調理方法を工夫することで

 

リスクを減らすことができます。

 

 

 

 

AGEsの発生を予防してコラーゲンを守る方法

 

 

急激に血糖値を上げ過ぎないことがポイントとなってきます。

 

 

 

糖質を多く含む食材を控える

 

 

糖質ゼロの生活は現実的には難しいですが、限りなく少なく

 

することは可能です。

 

 

過剰に糖質を取らなければ、血糖値も急激に上昇することも

 

少なくなりリスクも小さくなるでしょう。

 

 

 

 

また、低GIの食品を食べて、血糖値の上昇を抑えるという手もあります。

 

 

しかし、血糖値の上昇は個人差があり、同じものを食べても

 

血糖値の上昇が高い人や、食後の血糖値の減少が遅い人など

 

様々なので、低GIの食品だから絶対大丈夫ということはありません。

 

 

 

 

運動をして血糖値を下げる

 

 

有酸素運動をすることにより、食後の血糖値を下げることができます。

 

食後にすぐ運動はしないで、30〜60分後くらいに運動した方がいいです。

 

 

食べた後は胃に血液が集中しているので、すぐに運動をすると心臓の

 

負担が大きく体に悪いです。

 

 

 

 

 

 

食べる順番を変えると血糖値もあまり上がらない

 

 

野菜 肉 ご飯 の順番で食べると血糖値の上昇が

 

緩やかになるだけでなく、血糖値の最高値も下がり

 

高血糖の状態も短くなります。

 

 

 

質の良い睡眠をとる

 

 

肌の代謝は夜眠っている時に起こります。

 

 

老化物質であるAGEsをいち早く体外へ排出して、

 

質の良いコラーゲンに生まれ変わることが望まれます。

 

 

 

 

しかし、質の良い睡眠をとらなければ

 

ターンオーバーはしてくれません。

 

 

そのカギは成長ホルモンです!

 

成長ホルモンが分泌されている時に

 

肌はターンオーバーします。

 

 

 

一般的に、入眠後のはじめの3時間に深い眠りに

 

落ちている時に成長ホルモンが分泌されていると

 

言われています。

 

 

 

深い眠りにつくには、副交感神経が優位に立つように、

 

寝る前に興奮するようなことをしたり考えたりせず、

 

テレビやスマホなどの光や、熱い風呂などの刺激を

 

体に与えないことです。

 

 

 

また、就寝二時間前に食事を摂ると、血糖値が上がった状態で

 

睡眠に入り、血糖値が高いままだと成長ホルモンは分泌されません。

 

 

 

老化物質を少なくすることはできますが、

 

食べ物を食べる以上無くすくとはできません。

 

 

睡眠のとり方にもこだわって、老化対策に取り組みましょう!